Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとまず骨折完治

本日,病院へ行って,リハビリ,レントゲン,診断を受けてきました.
結果,これでリハビリ終了し,抜釘手術後の経過観察も必要ないとのことで,
本日をもって通院終了となりました.
ひとまず,これで完治とします.

骨折から完治まで
1月上旬に,骨折,手術
1月中旬から,リハビリ開始,
8月上旬,抜釘手術
12月上旬,リハビリ終了
と,ほぼ1年かかりました.

肘の曲げ伸ばしは,骨折していない方の腕に比べると,
伸ばす方が若干悪いのですが,日常生活にはほとんど問題ありません.

骨折して大変だったことは,
最初の数ヶ月間,日常生活に少しだけ支障がでたことと,
やはり,リハビリです.

1回のリハビリで,劇的に肘の曲げ伸ばしが良くなるわけではないのですが,
継続することで,確実に良くなっていきました.
ただ,私の場合,平均よりもやや時間がかかったような気がします.

そのため,約11ヶ月間,リハビリのために時間をつくることが大変でしたし,
もちろん,経済的にも大変でした.

リハビリのために通院した頻度ですが,
骨折して最初の手術後約2ヶ月は,週3回程度,
その後,週2回程度通院したと思います.
抜釘手術の後は,また少し肘の曲げ伸ばしが不自由になったため,
抜釘手術後1ヶ月半は,週3回程度,
その後,2ヶ月くらいは,週2回程度,
最後の1ヶ月くらいが,週1回通院していました.
平均すると,11ヶ月間で,週2~3回くらい通院したと思います.

病院での支払いのたびにもらう,領収書は全て保管してあるので,
今度,暇なときに通院回数を数えてみます.

まあ,このリハビリがなくなっただけでもこれから先,かなり楽です.
とにかく,今思うことは,治って良かったということ,
ケガはしない方が良いということです.

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

抜釘


長さ約6cm


北京オリンピック開幕の日,8月8日に抜釘のための手術を受けました.
今日は,備忘録としてまとまりのない文章を書き記しておきます.

前日の午前中から入院して,手術前に点滴などの準備をして昼ごろ手術を受けました.
上の写真は,骨折した肘に入ってたステンレスの針金.
取り出すまで,ずっとチタン合金だと思ってました.

手術後に麻酔が切れた後は,痛みはあまりなく,
前回の手術のときは痛み止めの点滴をしましたが,
今回は痛み止めの薬は何も使いませんでした.

特に問題がなかったので手術の翌日に退院しました.

手術の翌日の夕方から,傷口を中心にむくんでいるというか腫れてきて,
今でも,その腫れが残ってます.
痛みのほうは,2~3日経過したので触ると少し痛い程度におさまりました.

動きは,手術前よりも悪いのですが,日常生活は問題ないです.
今は腕が腫れている状態なので,腫れがおさまったら手術前の状態には戻るはず.

外に出ると汗が傷口にしみて痛いので,部屋でおとなしくしてます.

骨折半年 備忘録

骨折,手術から半年が経過しました.
その間,ずっと肘の可動範囲を広げるためのリハビリを行ってきました.

今日,病院に行って診察を受けてきました.
また,その際に骨を固定していた金具を取り除く手術日が決まりました.
一ヵ月後です.

時間の経過するのは早いもので
この半年は,あっと言う間に過ぎ去ってしまった感があります.


今日は,備忘録の意味で,少し半年間のことを書いておこうと思います.
備忘録なので,あとで思い出したことがあれば書き足します.
真面目な文章で,かなり長くなります.

sR0010279.jpg


-------

自転車の前輪ロックが原因で,右肘を骨折しました.
骨折したその日は,かなり肘が腫れていましたが,
大きく動かさなければ痛くなかったので次の日の朝一番で病院に行きました.

病院では,診察を受けてレントゲン写真を撮りすぐに骨折と診断され,
その日のうちに,手術前の検査(麻酔のための心肺の検査など)を行い,
腕は添え木代わりの石膏ボードのような物と三角巾で固定しました.

この時点では,手術を受けないと完治しないということを理解してましたので,
入院した翌日の手術日まで,緊張で眠れないということもありませんでした.

手術は全身麻酔で行ったので,寝て起きたら,終わっていました.
ただ,手術後の,のどの渇きと,尿を尿瓶にするのと,
骨折した方の麻酔が切れるときの痺れがかなり辛かった.

麻酔が完全に切れた後,手術で切った箇所の痛みが結構あって,
点滴のチューブで寝返りが自由に打てないのと,その痛みとで,
手術した日の夜はあまり寝れませんでした.
翌日からは,痛み止めの薬を飲んでいたため痛みはありませんでした.

-------

退院後は2・3日おきに病院に行って,手術で切った箇所を診察してもらい,
2週間経過した頃から,診察は1ヶ月おきになりました.
また,2週間後からリハビリを開始しました.

リハビリ開始当初は,三角巾で腕をつられた状態から,
まったく肘が動きませんでした.
可動範囲で言うと,5度くらいです.
そのため,箸を使っての食事は出来ず,リハビリ開始から1ヶ月後くらいまでは,
時間に制約のある朝食や職場での昼食はパンかおにぎりのように左手で食べられる物を,
夕食は家で左手を使って時間をかけて食べていました.

-------

2月の中旬(リハビリ開始から1ヶ月くらい経過)くらいになると,
肘の可動範囲が少し広がって,何とか右手で食事が出来るようになりました.
ただ,それでも,Yシャツの一番上のボタンを留めるのに苦労したり,
ネクタイを結ぶのがうまくいかずに苦労しました.
まだ,右手で顔を洗ったり,歯を磨いたりは出来なかったと記憶しています.

ただ,この頃から,リハビリをすると効果があるというのがわかってきて,
少し精神的には楽になりました.
そういうこともあって,自転車のある生活に少しずつ戻り始め,
ローラー台を買ったり,MTBでご近所ポタしてました.

3月頃には,無理をしない,短い距離ではロードバイクに乗っても問題ありませんでした.

-------

4月5月(リハビリ開始から3ヶ月くらい経過)は,
リハビリの成果で,歯磨きも右手でできるようになりました.
ただ,まだ,日常生活は全く問題ないというわけではなく,
顔を洗うのは,まだ苦労していました.

ロードバイクの方は,乗るだけでしたら,問題はありませんでした.
ただ,この頃になっても,完全に骨がくっついているわけではなかったので,
ダンシングなどの力を入れる動作のときは,少し骨折した箇所に痛みがありました.

この頃は,手術で切った箇所の腫れは完全にひいていたのですが,
変わりに肘のところに,金属ピンの頭がハッキリ見えるようになってきました.
そのため,この金属ピンのところをぶつけやすく,
ぶつけると,金属ピンとぶつけたものとの間に皮膚が挟まれるため,激痛が走ります.

6月(手術後5ヶ月)になって,レントゲン写真を撮り診察を受けたときは,
完全に骨折部がくっついていました.
ロードバイクでは山中湖に行ったりしました.

-------

現在ですが,肘の可動範囲は骨折前の状態まで回復したとはいえません.
それでも,日常生活は問題なく出来るくらいに回復しました.

ただ,肘に入ってる金属ピンやワイヤに違和感があり,
まだ肘関節の柔軟性が完全に回復していないので,
キャッチボールやテニスなど,曲げ伸ばし動作をすばやく行う動作を伴う運動が
出来るようになるのは,かなり時間が経ってからになると思います.

自転車はそういう動作はしないので,ロードバイクに乗っても問題はありません.



リハビリは,今思うと大変でした.半年間,ほぼ週3回通院しました.

リハビリは手術日まで続けます.その後はわかりません.

リハビリから解放される事を考えると精神的には楽です.
それは私にとってリハビリが精神的に辛いことを意味しています.
ただ,それでも,半年間続けられたのは,ロードバイクという辛さを上回る楽しいことを
趣味にしてこれたからかな...
そして,ブログを通じて知り合いになった人達と楽しさを共有できたからかな...
実際,ブログやってて楽しかったし,走行会とか楽しかったし.皆さんに感謝です.



備忘録終わり.

リハビリ期間って?

2008年1月に骨折部の手術を受け,
その20日後くらいからリハビリを続けてきました.
まだ,健常な左手と比べると可動域は狭い状態です.
そのため,リハビリの先生からは,
もう少しリハビリを続けるように言われています.

今日,経過を見るために,
X線写真を撮って整形外科の先生の診察を受けてきました.
経過は良好ですが,整形外科の先生が言うには
「リハビリの期間が6月で終わる」とのことでした.

最初,この話を聞いたとき,なぜ,リハビリ期間が決まっているのか
わからなかったので,先生に尋ねました.
「骨折の場合,リハビリ期間は150日(5ヶ月)と厚生労働省が定めている」という返事でした.

この話を聞いたときは,リハビリ期間が終了するまで
できるだけ病院に行って,少しでも良くなるようにリハビリをやらないといけない,と思いました.


でも,先ほどから,Webでリハビリ期間のことを調べるにつれて,この制度には
かなり,頭に来てます.

リハビリ期間が定められている理由も理解出来ますが,
リハビリを継続することによって機能回復が見込める人についても
一律の制限を行うことが極めて非科学的です.

例えば,私の場合,リハビリ後の可動域を定期的に計測して,
ある一定期間内における可動域の増加が0になった場合,リハビリ終了とする.
これなら,理解できます.科学的です.

しかし,回復の程度は,骨折の部位にもよるし,年齢にもよるし,
同じ年齢でも個人差も男女差もあるし,夏と冬でも回復具合が違うでしょうし,
骨折の場合,リハビリ期間は一律150日というのは全く,非科学的です.

後期高齢者医療制度の問題も含め,厚生労働省のやることはろくなことがない.


世も末です.

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

骨折70日目

おそらく,
骨折から70日目,手術から65日目,リハビリ開始から51日目.
日にちが経ちすぎていて,良く分からなくなってきました.

もう,骨折してから,2ヶ月が経過しました.
リハビリも2ヶ月近く,取り組んでいることになります.

ここ10日くらいで,かなり右肘の可動範囲が広がってきました.
まだ,健常な左手に比べると可動範囲は狭いのですが,かなり良いです.

例えば,3週間くらい前は,ワイシャツのボタンを右手で一番上まで止めることはできませんでした.
もちろん,顔を洗うのも左手だけでしたし,歯も左手で磨いていました.

それが,今日は,普通に歯を右手で磨いていても,
ほとんど痛みや違和感を感じませんでした.

まだ,自力では,右手の指先を右肩に付けることはできませんが,
左手で曲げてやれば,右手の指先が右肩に付くまでに回復しました.

とにかく,嬉しいです.


自転車ブログランキングに参加してます.
励ましのポチよろしくお願いします.

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


骨折34日目 復活の兆し

昨日の続きを書こうと思いましたが,それは後日.
今日は骨折の記録を書いておきます.


骨折から34日目,手術から29日目,リハビリ開始から15日目.

病院に行ってレントゲンを撮り,骨折後の経過を診てもらいました.
骨折は,右の肘頭骨折です.
骨折したところは,安定しているとのことで,
順調に回復していると考えてよさそうです.

ただ,肘の曲げ伸ばしのリハビリを開始してから良くなっているものの,
曲げ伸ばしを繰り返して,肘がほぐれてきたところでも,
曲げれるのは90度くらい.
日常生活に支障のないところまでは回復していません.

こればかりは,回復すると信じてリハビリを続けるほかにありません.


ただ,今日は主治医の先生に
自転車くらいなら乗ってもいいですよと言われたのが,
スゲー,嬉しかった
自転車は肘曲がらなくても,乗れるもんね.

当然,町乗り程度の意味なので,ツーリングにはいけませんが…

それでも,自転車の許可がでたので,早速,
通勤用MTBで,軽くポタってきました.

といっても,近所の自転車屋までで,
骨折したときに,前輪のスポークとフォークの間に物が挟まって,
前輪にフレが出てしまったのを,直しに行っただけ.
ついでに,タイヤも替えちゃったけど.

復活して速攻で物欲しちゃいました.
(ちなみに,タイヤはMAXXIS DETONATER FOLDABLE 26×1.5 イエロー)



いずれにしても,軽くポタれるくらいまでに,復活しました.

でも,ロードほどではないけれど,MTBでも少し前傾になるのが怖いね,やっぱり.



自転車ブログランキングに参加してます.
励ましのポチよろしくお願いします.

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今日からリハビリ開始…

先週の金曜日に,手術のときの傷口をとめていた
ホッチキスの針を取りました.
糸じゃないので,抜糸ではなく抜鋼.

周りの人からは,何針縫ったのって聞かれるし,
自分でも糸で縫い合わせてたと思ってたけど,
最近は違うのね.

それで,晴れて入浴許可が出ました.バンザイ.




それで,リハビリ開始することになりました.

これが,結構痛い.


結局,自分でやらなきゃ誰も助けてくれないし,
かといって,どれくらいで,元のように動くようになるか
わからないし.

もう,ヘコみまくり.



自転車ブログランキングに参加してます.
励ましのポチよろしくお願いします.
ホントに励みになりますから.


にほんブログ村 自転車ブログへ

骨折すると健康になる?

骨折する前は,だいたい1日にビール500ml缶を2本くらい毎日飲んでました.
でも,骨折してからは1滴もアルコールを飲んでません.

てゆうか,入院して強制禁酒

退院後も,腕がむくんできたり,手術のときに切った部分が痛くなるのが
怖くて飲めません.

強制禁酒期間がおよそ2週間経過したので,大分健康になってきたと思います.

知り合いの話ですが,30過ぎても毎日酒を飲み続けている人は
いずれ,健康診断で黄色信号が点灯するらしい.

まあ,いい機会なので,これを機に減酒しようかな.
あくまで,減酒
禁酒でないところがポイント.

自転車乗った後のビールは無茶苦茶うまいんでやめられませーん.




ということで,どうしても酒がやめられない人には骨折,これ最強.
しかし,これはかなりの痛みと危険が伴う、諸刃の剣.
素人にはお薦め出来ない.



自転車に全く乗れないのですが,
自転車ブログランキングに参加してます.
励ましのポチよろしくお願いします.

にほんブログ村 自転車ブログへ

自転車で転倒,現在,骨折治療中

現在,自転車に全く乗れません.
てゆうか,乗ったらヤバイ.

実は,新年早々,自転車で転倒して右手の肘から手首にかけての骨を
折りました.

原因は,通勤用MTBに乗っていて,ハンドルに荷物をぶら下げていたのですが,
この荷物が前輪のスポークとフロントフォークの間に挟まって,
前輪がロックし,身体が前方に投げ出されました.
そのときに,右肘から着地したのですが,その部分が
きれいに折れてしまいました.

幸い(?),手術して折れた骨を金属で固定するだけで
ギブスで腕を固めていないので,日常生活にはあまり困っていません.
右手で飯は食えませんが.
オリシ拭くときも,きれいに拭けませんが.


で,実は今回のような事故は結構あるらしいです.
ママチャリのチャイルドシート(ハンドルに取り付けるタイプ)に子供を乗せていて,
子供の足を前輪のスポークで削ってしまったとか.(想像しただけで,かなり痛い)
それで,最近では,自転車の規格を作る人たちが,
前輪スポークへの巻き込み禁止のために前輪ガードをつけることを提案しているらしいです.

まあ,いずれにしても,もう2度とやらない.
(3度やるという,ドリフ的ツッコミはなしの方向で)



自転車に全く乗れないのですが,
自転車ブログランキングに参加してます.
応援,お見舞いのポチよろしくお願いします.

にほんブログ村 自転車ブログへ

Appendix

プロフィール

amanox

Author:amanox
2008年1月右肘骨頭骨折
2008年8月抜釘
2008年12月リハビリ終了

愛車:OPERA BERNINI
出没:境川,多摩川,相模湖周辺

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ち~む物欲党

butsuyokumon.jpg

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。